2009年09月30日

スポーツ大陸:己に克て〜剣道・高鍋進〜【取材記者コメント】

photo_g5.jpg
photo_g2.jpg
photo_g1.jpg
photo_g3.jpg

“左拳と心”を巡る終わりなき戦い
美しい素振りをする剣士。最初の取材で受けた、高鍋進の第一印象だった。

 武器は、わずか10分の1秒で打ち抜く「最速の面」。聞けば、学生時代の日々の朝げいこに始まる猛練習が土台だという。しかし、限界を超えた努力は、剣士の命・左腕の故障を引き起こす。手首の酷使による骨のえ死。切断した骨を固定するための金属板と4本のネジは今も埋まっている。さらに去年末、竹刀が握れないほどのしびれのため、再び左腕を手術。しかし高鍋はその後も、時に5000本の素振りを自らに課した。一振り、一振り、息を止め、歯を食いしばる、その素振り。「最速の面」は、大きな代償の末の一撃。研ぎ澄まされた美しさの奥に、底冷えするすごみが見えてきた。


「手元が上がる」癖。それは、力を出し切れない「弱い心」だという。
※※※これは、奥が深い・・・・・・・・・・・・・・・・。※※※


 「最速の面」を武器にした攻めの剣道が高鍋の真骨頂。しかし、3年前の世界選手権で高鍋がアメリカ選手に敗れ、日本初の団体戦の王座陥落の一因となって以来、その剣道に迷いが生じていた。それを恩師に喝破される。「左拳は心。手元が浮くということは、心が浮いているんだ」。相手の攻めに対し、手元を上げ守ってしまう。なぜ自らの剣道を見失っていたのか。「もう負けたくない、打たれたくない」。恐怖として心に刻まれた、3年前の屈辱的な敗戦。最後の世界選手権に向け、自らの心と向き合う日々が始まる。


3年の歳月を経て、あの敗北は、「屈辱」から「成長の糧」に。

 取材の節目で思い出したのは、サッカー日本代表のオシム前監督にインタビューをした時の言葉。「人生は敗北の連続だ。しかしそこから学ぶことができれば、それは敗北ではない」。どのような結果であれば、敗北ではなくなるのだろうか。
 それは日本が優勝を決めた後の試合に訪れた。前回大会で敗れた選手との再戦。高鍋は、手元をあげなかった。結果は引き分けだったが、対戦相手は「恐怖を感じた」というほどの、攻めの姿勢。これが「きっかけ」だった。
 2週間後、高鍋は全日本選手権に次ぐ大きな大会で会心の剣道を見せる。一昨年の全日本覇者・寺本将司、昨年の覇者・正代賢司を連破。決勝でも、世界選手権で活躍した木和田大起に「最速の面」で一本勝ちし優勝。「負けることの恐れよりも、相手を攻め崩す気迫が上回っていた」。3年前の敗北は「屈辱」から「成長の糧」に昇華した。高鍋が大切にする言葉「一意専心」。う余曲折を経て、自らの剣道を見つめ直した33歳の剣士、修行の果てに何が見えるのだろう。




posted by mm at 13:04| ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ大陸:己に克て〜剣道・高鍋進〜

9月28日(月)NHKにて高鍋選手の特集がありました!
動画に関しましては、近日アップします。

しかし、自分もテレビに夢中になってしまいました。。。
感動もしましたし、改めて高鍋選手の凄さを感じました。

11月に行われる全日本選手権が本当に楽しみです!!

早く動画アップしないと・・・・・・・。。。

高鍋選手の紹介

高鍋進(たかなべ すすむ、1976年8月16日 - )は、日本の剣道家(錬士六段)・剣道日本代表。熊本県熊本市出身。現在神奈川県警察警備部第二機動隊所属・巡査部長。

1976年8月16日- 熊本県熊本市に生まれる。
1984年 ‐ 兄の影響で剣道を始める。
1989年4月 - 熊本市立楠中学校に入学。大将を務める。
1991年 - 九州チャンピオンになる。
1992年4月 - PL学園高等学校に入学。
1995年4月 - 筑波大学体育学群に入学。
1999年4月 - 神奈川県警察に奉職。現在に至る。
2001年10月- 全国警察剣道選手権大会に初出場し、準優勝。
2003年7月 - 世界剣道選手権大会に初出場。(先鋒)
2003年11月 - 全日本剣道選手権大会に初出場し、ベスト8(優秀選手賞)。
2005年10月- 全国警察剣道選手権大会、5度目の出場で初優勝。
2006年12月 - 世界剣道選手権大会に2度目の出場。(次鋒)
2009年8月 - 世界剣道選手権大会に3度目の出場。(中堅・副将)
2009年9月 - 全国警察剣道選手権大会で2度目の優勝。

全日本剣道選手権大会 [編集]
2003年 - ベスト8(優秀選手賞)(初出場)
2004年 - 二回戦敗退
2005年 - 一回戦敗退
2006年 - 第三位
2007年 - 準優勝
2008年 - 三回戦敗退(優秀選手賞)
2009年 -
全国警察剣道選手権大会 [編集]
2001年 - 準優勝(初出場)
2002年 - 第三位
2003年 - 三回戦敗退
2004年 - 第三位
2005年 - 優勝
2006年 - 三回戦敗退
2007年 - 第五位
2008年 - 二回戦敗退
2009年 - 優勝
全国警察剣道大会 [編集]
1999年 - 優勝(初出場)
2000年 - 予選リーグ敗退
2001年 - 予選リーグ敗退
2002年 - 第三位
2003年 - 予選リーグ敗退
2004年 - 優勝
2005年 - 優勝
2006年 - 準優勝
2007年 - 準優勝
2008年 - 準優勝
2009年 -
世界剣道選手権大会 [編集]
2003年イギリス大会 - 団体優勝(予選:先鋒)
2006年台湾大会 - 団体3位(次鋒)
2009年ブラジル大会 - 団体優勝(中堅・副将)
国民体育大会 [編集]
2003年 - 3位(NEW!!わかふじ国体)
2004年 - 3位(彩の国まごころ国体)
posted by mm at 12:59| ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。